RIOT_ON_THE_KEYBOARD 新米プログラマ奮闘記

うつ病と向き合いながらプログラマとして社会人デビューするも、病気の悪化により無念のリタイア。 そんな管理人が社会復帰に向け、徒然なるままに綴るブログです。過去記事へのコメント・トラバも大歓迎!

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

必作仕事人マオマオ

Author:必作仕事人マオマオ


沖縄在住。2X歳・男
進路が定まらないまま大学を卒業。公共職業訓練に通うも、在籍中に「うつ病」を発症。

ココロの病気と向き合いながら、ついに内定ゲット。’06年4月からはプログラマとして社会人デビュー。

しかしながら病気の悪化で無念のリタイア。

現在は沖縄でノンビリと療養中。

そんな管理人「必作仕事人マオマオ」が、日々の出来事・職業訓練・闘病記・果ては下ネタ妄想まで(笑)、タイトル
"RIOT_ON_THE_KEYBOARD"
(キーボード上の暴動)

の通り、徒然なるままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/22 17:40|日記TB:0CM:1





えー、長いこと更新が滞ったままでしたが、別に身に異常が起こったわけでもありません。ただ単にサボっていただけです。ソーシャルネットワーキングサイト“mixi”では、コンスタントに日記を書いていたんですけどね。(「だったらそれをコピー&ペーストしたらいいじゃないか」という声も挙がって来そうですが、もっともなことです、ハイ。)






一応中断中の経過を書いておきますと、先月をもって大阪の家を引き払い、親元の沖縄に移住という形になりました(住民票も移しました)。

生活上毎日ノンビリと過ごしているので、順調に回復はしております。
特にこなすことは無いんですが、それでは張り合いが無いので、大阪から持ってきたマイパソでタイピング練習をしたり、毎日ウォーキングがてら近所のバッティングセンターに通い、120km/hのストレートを完璧に打ち返すことを目標にバットを振っております。

最近では「120km/hを打ち返すためのカラダ作り」に凝っておりまして、「安定したスイングを生み出すためのしっかりとした下半身」や、「上半身を鋭く回転させるための体幹筋(腹筋・背筋)」を養成するために、筋トレまでする始末です。おかげでトレーニングの翌日・翌々日は、猛烈な筋肉痛に襲われます。プロテイン飲んでバンテリン塗っても、なかなか治りません。おまけに、「動体視力を鍛えるソフトウェア」まで購入した始末です。


さて、すっかり「バッティング馬鹿一代」になった昨今ですが、先日沖縄県高等学校硬式野球秋季大会の決勝戦が行われたので、その模様をこれからお伝えしていきます。

決勝戦の組み合わせは、「浦添商業vs八重山商工」。
今夏甲子園を沸かせ、一躍時の人となった伊志嶺(いしみね)監督率いる八重山商工が、ノーシードで決勝進出です。
対する浦添商業も、1年生エース伊波投手を軸にノーシードで決勝進出。

すでに決勝に進んだ時点で、九州大会(この大会での成績が、来春のセンバツ選考の材料になります)への出場権を獲得している両チーム。しかし、双方とも「勝って九州大会に行きたい」という思いは同じ。下馬評では「両チームの実力は伯仲。好ゲームが期待出来る。」とのこと。
勝負の行方やいかに!?


というわけで、実際に行ってきました。



決勝戦は、宜野湾(ぎのわん)市の北、北谷(ちゃたん)町にある北谷公園野球場で行われました。


DSCF0107.jpg

到着してすぐに目に飛び込んできたのは、ご覧の垂れ幕。阪神タイガースファンとしては、目を向けたくない現実です。


DSCF0108.jpg

県大会決勝、しかも(メンバーは大きく変れど)甲子園と国体に出場した八重山商工が登場とあってか、スタジアムはかなりの人手です。


オイラも八重山商業を応援したいのですが、伊志嶺監督のベンチ入り姿をカメラに収めたいので、敢えて浦添商業の三塁側に陣取り、八重商ベンチを最大ズームで狙います。


DSCF0116.jpg

三塁側、浦添商業のブラスバンド。
曲目も、「ランナー」(爆風スランプ)・「ガラスの10代」(光GENJI)・「ドカンと一発」(真心ブラザーズ)といった定番から、「愛のしるし」(PUFFY)・「さくらんぼ」(大塚愛)といった新しめのものまで、レパートリーに富んでいました。
そのうちELLEGARDENの曲も使われるようになるんでしょうか?


DSCF0120.jpg

DSCF0112.jpg

甲子園を目指す浦添商業。迎え撃つのが、その甲子園のマウンドを経験した、八重商の新たなエース當山(とうやま)投手。


DSCF0111.jpg

一礼を終えて、いよいよ試合開始です。

で、試合中の写真なんですが、伊志嶺監督の姿を収めようと何度もベンチの写真を撮ったために、プレー中のグラウンドの写真は一切無しです。(苦笑
しかも監督、ベンチの奥深くに陣取って、なかなか姿を見せてくれません。円陣を組む時はベンチ前まで出てきますが、完璧に選手に隠れてしまっています。


DSCF0118.jpg

結局こんな写真ばっかり。



試合ですが、4回までは両チームランナーは許すものの、要所を締める緊迫した投手戦。5回表、相手のバッテリーミスから広がったチャンスに、浦添商業がスクイズで先制した時には、「1点を争う緊迫した試合になるのか?」と、次の得点の行方を固唾を呑んで見守りました。

浦添商 000 0      
八商工 000 00      0


6回裏、1アウト1・2塁のチャンスに、八重山商工は初球からエンドラン。2塁ランナーを返し同点とした後、続く2アウト2・3塁のチャンスに5番洲鎌キャプテンのタイムリーで2点を追加、5回までヒット1本に抑えられていた重苦しさを払拭するような、一挙3点を挙げる猛攻を見せます。

浦添商 000 010     1
八商工 000 00     


一人で投げ続ける浦添商業の1年生エース、伊波投手。
対する八重山商工は、中盤に甲子園で投げた経験を持つ當山投手をマウンドから降ろし、右投げの平安名(へあんな)→左投げの波平の3投手によるリレーで、3割台のチームアベレージを誇る相手打線を抑えます。

逆転を許した直後の7回表、浦添商業は、送りバントと相手のエラーで3塁に進めたランナーを犠牲フライで生還させ、1点差とします。

浦添商 000 010    
八商工 000 003     3


試合が再び動いたのは8回裏。
八重山商工がこの日唯一の長打となるタイムリー2ベースヒットで加点し、さらに洲鎌キャプテンがショート強襲のタイムリーを放ってこの回2点を追加。スコアを5-2、その差3点とし、その後の浦添商業の反撃を断ち切って勝負あり。
差は終盤に開きましたが、緊迫感のある良いゲームでした。

浦添商 000 010 100 2
八商工 000 003 0X 


試合の内容は以上の通りなんですが、「心の中では八重山商工を応援しながら、(八重商ベンチを撮るため)相手側の浦添商業サイドに座った」ために、試合中の振る舞いには苦労しました。

(浦添商業に)ヒットが出れば大騒ぎ、点が入れば歓声が沸きあがる。平凡なフライを処理しただけで拍手ですからね。とりあえずおとなしめのエリアを座る場所に選び、形だけ拍手してました。あとはひたすら相手側ベンチをズーム撮影。(浦添商業の皆さん、ごめんなさい。m(_ _)m)
甲子園で同じ事をしていたら、確実に縦じまのユニフォームを着たオッチャンに殴られます。
で、試合終了直後、客がはけるのを利用して一塁側へ。


DSCF0132.jpg

閉会式。
監督の姿は、遠すぎて手持ちのデジカメでは捉え切れません。


DSCF0136.jpg

優勝旗が八重山商工に授与され、選手達はダイヤモンドを1週します。


DSCF0130.jpg

インタビューに答える、八重山商工の洲鎌主将。

閉会式を終え、やっと監督のアップを撮る事に成功しました。

DSCF0139.jpg


県予選を優勝という形で終える事が出来、笑顔をのぞかせてインタビューに応じる監督。

県予選と国体が重なり、3年生が出場できるチームとできないチームの2つを同時並行でまとめなければならなかった事や、愛弟子のエース大嶺君の(予想だにしなかった)ロッテからの指名への対応に追われた事を考えると、今回の優勝は驚異的とも言えます。
スタンドからは、「監督、おめでとうございます!!」と、賞賛の言葉も送られていました。


DSCF0131.jpg

試合終了後の八重山商工応援団。

甲子園での快進撃以来、伊志嶺監督と球児達もすっかり「島の顔」になりました。今後はどんな活躍を見せてくれるんでしょうか?
とりあえず、目下の九州大会に注目です。
スポンサーサイト
コメント
アロマ・癒しグッズ
アロマ・癒しグッズを探すなら http://www.carrot-import.com/215783/100878/
#-|2008/11/13(木) 03:41 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 RIOT_ON_THE_KEYBOARD 新米プログラマ奮闘記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。