RIOT_ON_THE_KEYBOARD 新米プログラマ奮闘記

うつ病と向き合いながらプログラマとして社会人デビューするも、病気の悪化により無念のリタイア。 そんな管理人が社会復帰に向け、徒然なるままに綴るブログです。過去記事へのコメント・トラバも大歓迎!

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

必作仕事人マオマオ

Author:必作仕事人マオマオ


沖縄在住。2X歳・男
進路が定まらないまま大学を卒業。公共職業訓練に通うも、在籍中に「うつ病」を発症。

ココロの病気と向き合いながら、ついに内定ゲット。’06年4月からはプログラマとして社会人デビュー。

しかしながら病気の悪化で無念のリタイア。

現在は沖縄でノンビリと療養中。

そんな管理人「必作仕事人マオマオ」が、日々の出来事・職業訓練・闘病記・果ては下ネタ妄想まで(笑)、タイトル
"RIOT_ON_THE_KEYBOARD"
(キーボード上の暴動)

の通り、徒然なるままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/06/18 15:44|闘病記TB:0CM:2
ただ今、親元の沖縄に帰省しています。
事の詳細については数日前にmixiに書き込んだ日記を参照してください。




ただいま沖縄の実家付近にあるネットカフェからカキコしております。本当は帰る気なんてなかったんですが、強制的に帰省させられました。

きっかけは、「睡眠薬の大量服用による自殺未遂」。

このところ、社内ツール開発プロジェクトのため、遅くまで残業する日が続いていました。
それに加えて、先週末から「昼は社外で講習」が加わりました。
当然、社内ツールの開発を遅らせるわけにはいかないので、講習後は帰社して開発という流れになります。

普通の状態なら、少々疲れていても何とかこなせるところですが、こちらは全く頭が回らない身。他の人が書いたコードを読むだけで精一杯でした。社内でパソコンの前に座っているだけで辛かったです。

先週土曜に出社したときも、ストレスからか会社のトイレで嘔吐。昨年鬱が酷かった時と同じ症状が出ました。
その日は早退させてもらいましたが、帰宅後精神の平衡を保とうとmixiにログインしたりネットサーフをしたりしたところ、「他人が働いている間にネットをするとは何事か!」と、先輩からお叱りを受けてしまいました。

その日に限らず、平日も深夜まで寝付けずネットに接続したりしていたんですが、それも先輩にばれ、「他の方法を考えろ!」とまたもや怒られてしまいました。

そうは言われても、ネット空間は学生時代の後輩を含め、気の合う人達と交流できる場所。それを取り上げられては・・・。


加えて先週からは、前述の通り社外での研修が加わりました。

初日は乗り切ったものの、2日目からは授業を形だけ受けるので精一杯。休憩時間には何度も吐き気に襲われ、気分が落ち込みました。

そして帰社後はツールの開発。
プログラムを書こうにも、何がどうなっているのか分からず、必死の思いでコードを追いました。
何十分も考えて、一つの処理も書けないのは辛かったです。
今まで受けてきた教育がきちんと身になっていたらそこまで苦労しなかったんですが、どういうわけか集中して授業を受けているはずなのに、教わったことが右から左へ抜けて少しも頭に残ってくれません。

「結果が出せないのは病気のせいなのか、それとも自分が甘いせいなのか」、そう思い悩む日が続きました。
先輩に相談しようにも、「それは自分に甘いせいだ」と言われればそれまでです。(「甘えではない」という確たる証拠がないから)

「壁は自分で越えるしかないんやで」・「言い訳はするな」・「君は自分に甘すぎるんちゃうか?」
夜な夜な先輩の言葉がリフレインします。
それに呼応するかのように、「うつ病なんだから仕方ないじゃないか」・「病気を言い訳にしたらアカン」
この2つの考えが葛藤となり、神経をすり減らしていきます。

同期にも心配をかけるわけにはいかない。かと言って、事実上ネットを取り上げられた今、誰にもこの悩みは打ち明けられない。

加えて、出社してもたいして仕事ができるわけでもないのに給料をもらっているということに申し訳なさを感じるようになりました。(最初の頃は不満たらたらでしたが、某先輩の言葉により、考えを改めるようになりました)

そして相変わらず、極度の食欲不振と吐き気に悩まされます。


一向に良くならない体調、日増しに強くなる葛藤と自責感。

「もうダメだ」

セルフコントロールも効かず、ココロが悲鳴をあげました。

「このままじゃ足手まといになるだけだ」・「今なら会社にも大して迷惑はかけない」
そんな思いを抱えたまま、深夜残業を終えた後、コンビニでカミソリを購入しました。


その夜は全く寝付けず、「思い残すことが無いように」とばかり、好きなバンドの音楽を聴いてました。

明け方になり、ベランダから白んでいく景色を見終えた後浴室へ。

「これでこの世ともお別れか」
「自殺する人ってのは、こうやって誰にも思いを打ち明けることができずに死んでいくのかなぁ」
そんなことを考えながらカミソリを手に取りました。
しかしなかなか手首を切る気になりません。

ならばと思い、今までとっておいた抗不安薬と睡眠薬およそ40錠あまりを次々と胃にながしこみました。

しかし何がそうさせたのか、朦朧とする意識の中、119番に通報。
でも救急隊員が到着するまでの間、左腕をカミソリで切り続けました。


救急隊員が到着して部屋のドアを開けたところまでは覚えているんですが、そこから先は全く記憶がありません。
気がつけば病院のベッドの上で点滴を受けていました。
そして、急遽呼ばれた母親に連れられて沖縄にやってきた次第です。


今は会話はこなせますが、食欲は依然としてありませんし、ココロの中にぽっかりと穴が開いたような感じです。
来週金曜にはかかりつけの精神科受診のために大阪に戻る予定ですが、それまでは気の向くままに過ごすつもりです。

スポンサーサイト
コメント

マオマオさん、大丈夫ですか?
(大丈夫でないですよね。・゚・(ノД`)・゚・。)

かなり精神的に追い込まれてしまったんですね。
私もそうでしたが、
「会社を辞める or 休職する」
という選択肢を選べないんですよね。
私も去年、鬱で死にそうになりながらも必死で仕事を続けていたとき、
「どうしてそこまでして続けるの?身体のほうが大事でしょ。きみがそこまでして、会社は何を返してくれるって言うの?会社なんていくらでもあるんだよ。」
と何度も旦那に言われました。
でも、言うことを聞かず(聞けず)・・・
身体を壊すまで(持病が悪化して大変なことになりました)、やり続けました。

PGやSEの仕事はただでさえ大変な仕事です。
鬱の人もたくさんいます。
実家でゆっくり今後のことを考えてくださいね。
ななみ #Sm/ug.UM|2006/06/21(水) 00:29 [ 編集 ]

>ななみさんへ

正直大丈夫・・・ではないです。

今となっては、何でもっと早くSOSを出せなかったのか悔やんではいますが。

父親からは、「もう元の職場には戻れないんじゃないのか?」と言われています。

今後の身の振り方に関しては、考えるようになれるまでもうしばらくかかりそうです。

今はただ、ココロとカラダを休めたいですね。
必作仕事人マオマオ #gfxZCaLQ|2006/06/21(水) 21:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 RIOT_ON_THE_KEYBOARD 新米プログラマ奮闘記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。